Non pupa

薄毛に悩む男性は多いです。その多くは男性型脱毛症と呼ばれるものです。男性型脱毛症はジヒドロテストステロンという男性ホルモンのせいだと言われています。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンであるテストステロンと酵素の働きによって生み出されます。ジヒドロテストステロンが毛根部分に作用して、髪の毛を作るのを邪魔しているのです。このジヒドロテストステロンですが、ストレスを感じたり夜更かしをすると生成されやすいです。他にも食生活も影響します。お肉ばかりを食べているとジヒドロテストステロンは生成されやすいです。しかし、世の中には夜更かしをしまくったり肉類ばかりを食べていても全くハゲない人も存在します。そういった人はジヒドロテストステロンが生成されにくい体質なのでしょう。もしくはこちらがジヒドロテストステロンを生成しやすい体質なのです。
薄毛は遺伝すると言いますが、確かに間違ってはいないのかもしれません。ジヒドロテストステロンが生成されやすい体質が受け継がれている可能性は十分にあります。
男性型脱毛症は治療の術がありませんでしたが、プロペシアが登場してから、なんとか治療する方法は現れました。プロペシアを服用すればジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれるのです。しかし、プロペシアを纏めて購入しようとするとお金が掛かります。なのでエフペシアをおすすめします。エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。エフペシアであれば節約にもなるので、纏め買いもしやすいです。その育毛効果はエフペシアでも十分に発揮されています。